FC2ブログ

男を求めて三千里~イケメンムキムキバッチ来い!!

発展場の様子や雰囲気、出来事を思いつくままに書いていきます。

 

驛站三溫暖(1)

高雄駅からすぐのところにある、外観はいかにも鄙びた場末のサウナ。驛站三温暖。
今はHi-manがすぐ隣にできたけれど、高雄に来たらここしかなかったといってもいいくらいだった。(正確にはあるけど老け専だし。)
便もいいところなので、高雄に行ったら必ずここに寄っていた。
レインボーと遜色ない質感というか衛生環境というか。いや、こっちの方が幾分狭くて汚く、ボロいかな。
スポンサーサイト
[PR]

驛站三溫暖(2)

バスタオルが渡されるので、それを腰に巻いた状態が基本。アンダーウェアを履いている人も若干いる。
年齢層もバラバラではあるけれど、中年やデブが相当数を占める。
20~30代スリム系1割、筋肉質系1割、あとはそれ以外。
もちろん、中年やデブは我が物顔でソファを独占し、無様な姿で高いびきをかいている。
あられもない姿で転がっている豚、いやデブもいるが、気にかける人もいない。
中年やデブもあられのない姿でいるが、きっと需要があるからそんな感じでいるんだろう。
台湾も日本と傾向がほぼ似ていて、デブもなかなかもてたりするみたいだから、ある人から見たら挑発エロポーズに見えるんかもしれない。
俺にはボンレスハムが置かれているようにしか見えないけど。

驛站三溫暖(3)

2階が本当に薄汚れていて、体を洗ったところできれいになるかどうは保証できないような風呂とシャワー。
そもそも照明が暗いし、風呂も・・ちょっと公衆浴場とは違うので、入る気がしない。
3階には休憩室のようなところもあって、ドリンクバーがある。故障している場合も多々あるが。
テレビがついていて、漫画も置いてある。
デスクトップがあるのでインターネットもできる。ものすごく古くて遅いが。
あんまり談笑している人は多くない。

3階と4階がハッテンエリア。3階は階段を上がって右側がフロアになっていて、だいたい洋画が流されている。
背もたれのあるソファが並べてあって、そこで見ているというより寝ている人たちがちらほら。
通路は1本しかないが、そこそこ暗い。立っているというよりは、彷徨っている人たちがたいてい何人かいる。
両脇に個室があります。これがかなりの汚さ。照明がそもそも暗いけれど、暗い方が汚さが目立たなくていいのかもしれない。
エアコンも効かなかったりするので、ガッツリする人にはなかなかハード。

4階は通路があって個室があるだけ。3階よりも人は少ない。
階段を出て左側は広めの部屋があって右手に個室があるが、そもそも人がいないので閑散としている。
ここに来ると、その場末さ加減にある意味リラックスできる。
というか、はるばる高雄まで来たのにという遣り切れなさと虚脱感に苛まれる。

驛站三温暖(4)

驛站三温暖も、今でこそ40過ぎた熟年男性の集まる老け専だけれど、その前は・・若干若い人もいた。だけれど、光景は基本的に同じ。高鼾をかいている熟年おデブがぽっこり膨れた腹を突き出してソファで大の字に寝ていたり、個室で寝たふりさえせず耽々と眼を凝らして通路を見ているオヤジ。足早に個室を回って男を探し求める初老男性、毛布を持って寝に行きたいけれど寝る相手を探しているらしい深い皺に刻まれた50代男性。まあ俺には全くと言って関係ないし、台湾なので特段手を出してくるわけでもない。ただ、一緒のフロアにそういう人たちがいる。

驛站三温暖(5)

一方で、胸がやたら発達したのもごくたまに。どうも足が悪いらしくてビッコをひいている。顔もね、うーん。なんかね。台湾だしなと思いつつ、けれど胸がすごくて。ここって通路は暗めだけどなんとか見える。個室に入るとほとんど見えない。いや、見える部屋もあるんだけれど、照明が壊れた部屋ばっかり。ということで、分厚い胸をもんでみた、ボリューミーな胸。重量感半端ない。40代に見えたけれど、35だという。台湾だから、やっぱり老けて見える。バリウケらしく、・・かなりやり込んでいるのか、ガバガバ。うーん、と思って次の人に。

驛站三温暖(6)

今度はメガネしてて、足がかなり筋肉質で太い。太ももなんかパンパン。上半身はそうでもないのに。バランス悪いなと思いつつ。またウケだし。ウケ王国台湾。個室も黒いレザーベッドだけれど、ところどころ切れている。そもそも壁は廃屋並に汚い。明るいところでなくても汚いことが分かる部屋。いや、いいんだけれど、俺はタチだから。けど、なんでマグロなん?と思って。ダッチワイフ相手にやってんじゃないんだから。年は40と聞いて、そんな年にも見えないし、どっちかというと日本人っぽい。スポーツやっている人は若く見えるね。肉体労働者だと逆に老けがちだけれど。聞いたらさっきの人も今のメガネ君も台北人。ワイルドな高雄人でないからマグロなんかなと思いつつ。どっちも冷房が全然効いてなくて、もう汗まみれと言うか、滝のように流れる汗の中をガンガンと。汗が目に滲みるし、体全体がビショビショ。ただ寝てるだけだったら別にちょうどいいくらいの気温なんだろうけれど。台湾人といっても、まあ中国人。香港人よりも中国人っぽい。ただ、高雄にまで来ると、なんとなく野性味というか、風貌が独特な、どっちかというと東南アジア系っぽい顔立ちの人も出てくる。

hi-man(1)

台湾のハッテン場の定説である夕方に入った。18時半だとまだまだ日が落ちていない。っつーか暑い。受付で払ったら、よく分からないが200元だった。ゴムとタオルを取って中に。結構・・30代から40代くらいの人たちがいる。アンダーウェア着用らしい。タチは腕に、ウケは足にキーを付ける。なんだかきれいな施設の割にはゆったりした感じ。シャワーを浴びる。その隣がトイレだけど、小便器ではなくて壁に向かってする、中国式トイレ。台湾で見るとは思わなかった。ロッカーの奥のソファとか、ヤリスペースに行く前のソファには手持無沙汰の人たちが何人か陣取っている。壁には梅毒検査のお知らせとかいろいろ貼ってある。そういや、台湾のJack'dって、いいなって思って踏んだらHIV検査しろみたいなことが書いてあるのがときどきある。日本よりも病気にうるさい感じがする。中にはいると、数人が巡回している。ここは個室も広いんだけれど、通路も広い。明るいし。台湾人はやっぱりアンダーウェアがダサい。アジア圏で一番ダサいんじゃないかな?タイプが通るのをそこで虎視眈々と狙うのかな?暗いのは中央の小さなスペースだけ。待機している人もいるけれど、別にヤリたい人がいるわけでもなく。

hi-man(2)

といっても、真っ暗なスペースから出たところに、なんか筋肉質っぽいのが立っている。顔はよく見えないけれど。もう一回ダークスペースに入ったら、彼も入って横に立った。台湾人は隣に立ってもすぐには手出しをしてこない。にじり寄って、そっと手に触れたりして初めて喰いついてくる。俺のC首をいじってきたので、俺もいじり返す。肌がツルツル。結構若そう。両方のC首を手でいじる。彼はちょっと強めに俺のC首をつねる。彼の股間を触ると固くなっている。アンダーウェアを少し脱がして握る。太くて短いチNコ。彼も俺のアンダーウェアを脱がして俺のチNコを扱き出す。というか、キーを腕に付けているからどっちもタチだよなって思いつつ、しごき合いを続ける。なんか俺は暗いところでこんなしごき合いとかするのはあんまり好きじゃない。顔見たいし。ガチムチっぽい人が手を出してきたので、とりあえず離れた。

hi-man(3)

19時過ぎると続々と入ってくる。若いのも結構来て、20人くらいになった。といっても、ソファでだべっているけどね。様子見みたいなのが多くて、個室なんて全然使われていない。何かね、もう少し面白味のあるような造りにすればいいものを。ダークスペースでも、光が入るあたりに立てばこっちのカラダもほんのり見せられるし、何より外から入ってくる人を品定めできるから、陣取って立っていた。でも、若いのは入ってこないよね。オッサンばっかりが入ってきて暗闇に潜んでいる。だから、余計に若いのは来ないし。悪循環だよ。そばに寄ってきた人がいたから、胸触ったらパイ毛あって、急いで明るいところに出る。ハイマンでさえこのレベルになったか、って思いつつ、用事があったので、今回は20時半に出た。

hi-man(4)

hi-MANへの行き方は、まず台鉄もしくは捷運高雄駅に。高鐵(台湾新幹線)だと台鉄又は捷運左營駅に接続しているので、そこで乗り換え。空港も捷運のアクセスがある。
高雄駅正面を出たら、目の前に大通りがあるので、信号を渡って左に曲がる。すると御宿ホテルが見えるのでそこを右に曲がる。そうすると右手に「hi-MAN」の看板が見えるので、その看板の手前で右に曲がったところから入る。エレベータで3階。
ちなみに、その一つ先の建物が老け専サウナとなった、驛站三温暖。

驛站三温暖(7)

4階に上がって、左手の、ただだだっ広いフロアで一人ただずんでいる。4階は静寂な空間。本当はそこには何かしらの映像が流れているんだけれど、夜2時過ぎたからか、画面は黒いまま。多数置かれた座席には人影らしきものは見えない。入口付近はほんのり明るいので、壁に寄りかかったまま一休みしていた。ホテル帰ったっていいんだけれどね。まあ、大体この時間から入ってくる人なんていないし。高雄だし。そうしたら、小柄な感じの人が目に入ってきた。俺の隣に来てちらっと俺のことを見て、右後方の袋小路のスペースに入って行った。

驛站三温暖(8)

誰もいないのになと思って、見たらまたちらっと見て、今度はその左側にある個室に入って行った。誘っているのかなって思って。20代なんてそもそもこのサウナにいなかったし。個室を見たら、彼がベッドの上に座って、ニコニコしながらマットをバシバシ叩いて、中国語で何かいろいろ言っている。バスタオルが基本スタイルだけれど、彼はトランクスを履いていた。たぶんここに来いと言ってるんだろう。で、彼の隣に座った。色白でさっぱりした顔立ち。日本人にもいそうな感じだけれど、髪型は台湾テイストだった。何となく気に入られている様子。

驛站三温暖(9)

小柄な彼を抱いてみた。ようやく台湾人じゃないことが分かったみたいだけれど、英語ができないらしい。タチウケを聞かれ、タチだと答えると急にC首を舐めだす。若いのになかなか絶妙な舌使い。念入りにC首を責められた。バスタオルを解かれて、俺のチNコを見るなり"Wow"。英語?でも、その彼のチNコもなかなかの大きさ。入れようとするんだけれど、どうしても入らない。なんども彼がチャレンジするけれど、彼の穴が小さいからか、先っぽさえ入らなかった。そしたら、彼がまた俺のC首をすごく攻める。たまらず、俺も攻め返した。彼もC首が感じるみたい。胸毛が申し訳なさげに生えていて、なかなかかわいい。

驛站三温暖(10)

彼はイクと、今度は下でシャワーを浴びようという。まあ、ついていくことに。で、今度は腹が減ったか聞かれた。まあ、減ったけどさ。そしたら、着替えて外に出ることに。コンビニはもちろん、台湾は深夜でも屋台が出ている。それも、深夜から始まる屋台もある。そこでおでんのようなものを、言われるがまま食べた。黄色いランニングを着ていて、中で見るよりも愛嬌があるように見えた。

驛站三温暖(11)

また、中に戻って、4階の個室に入った。入るとすぐに、彼は俺を押し倒して俺のC首をねちっこく舌を使って舐め始めた。俺のチNコはその丹念な舐め方に激しく反応して、コチコチに硬くなった。彼は何が何でも自分に入れたかったみたいだけれど、何度試みたところで結果は同じ。硬くしようともねじ込もうとしても入らなかった。俺は手で彼のC首を刺激した。彼は俺のC首を舐めながら自分のをしごき、俺の腹の上に吐きだした。そして、俺のチNコをしごき出して、俺もほどなくイッた。

驛站三温暖(12)

休む間もなくシャワーを浴びて、今度は3階のパソコンの前に座った。中国語を変換するホームページを使って、なんとか会話を試みる。まあ、なんのホームページだか知らないけれど、日本語訳が全然分からなかった。何であんなにひどい訳かねってくらい。そんなの向こうには分からないし。中国語で読むと、親戚のおじさんが死んだので、台北から休みを取って来たそうだ。ハッテン場には寝に来たが、君に出会えてとても嬉しい。これからバスで台北に戻らなければならないけれど、一緒に行かないか。空港も通るから。いやいや、俺は飛行機で東京に戻るので、バスなんか使えないよと言ったけれど、一緒に行こうときかない。日本語の変換も当然うまいこと中国語にはなっていないんだろうから、仕方ないけれど、英語も全然分からないみたいだし。バスってちゃんとした時間につかないし、高雄からバスってどんだけかかるんだか。5時発?とかいうし、そもそも俺は高雄駅周辺のホテルに泊まっているわけではなかったから、ここで始発が通るまで手持無沙汰にいたわけで。ホテル戻って荷物取りになんかいけないし。まあ、いろいろ言って、なんとか断ることができた。
って、また4階?またC首責められて・・元気だね。彼は3発もイッてたし。一緒にハッテン場から出た、らもうそろそろ夜明けで。一緒に写真を撮った。それから日本に帰っても毎日のようにチャットでやり取りをして、台北に行ったときに泊めてもらって、いろいろ旅行に行ったりと、結構この彼とは長く続いた。

hi-man(5)

台中からバスで3時間40分、高雄に到着。図らずも台中で昼からサウナに行ったので、高雄には22時に着く。食事して、23時半ごろに入る。今回の旅で2度目のhi-MAN。500台湾円(2000日本円)と聞いて、ちょっと驚く。だって、木曜に入ったときは200台湾円(800日本円)だったからね。軍人は300台湾円(1200日本円)だって。もっと安くしてやれよ。5,6人、その名簿には記入がしてある。まあ、期待せずに入ったんだけど、今回はかなり遅い時間なのに大盛況!客層も半分は20代なんじゃないかってくらい若い。筋肉質で若いのも結構いるし。高雄まで来た甲斐があった。けど、まあ若い人ってのはソファでだべるね。中にはいると・・意外に閑散としている。というか、結構個室が埋まっているから、ちょっと遅かったかなという感じ。ダークスペースも、前よりちょっと暗いような。その中は特有のオスの香りが外まで漂ってくる。オッオッって、重低音の声が暗闇から聞こえてくる。まあ、ろくなもんではないだろうから、入らず、手前でスタンバイ。入口付近はちょっと明るい。手を出してくるのは暗闇から。ぼんやりでもふやけた体型はシルエットで分かるから。デブオヤジは結構厚かましくて、どうしたらお前とやる日が来るんだよみたいなクソオヤジも平気でこっちに手を出してくる。白いブヨブヨのデブが入ってきたと思ったら俺に触ろうと。ふざけんなって思って避ける。周りにも手を出すけれど、一斉に避けられている。デブは暗闇へと入っていった。そんな輩が手を出してくるのかと思うと、余計に入りたくない。

hi-man(6)

毛布を抱えて持っていた若い子が俺に手を出してきた。何やらソファに座れと言っている。座るとアンダーウェアを脱がせて俺のチNコをガシガシしごく。痛いんだけど。半日前に酷使したばっかりだから。いったんロッカーに戻る。奥の入口で立っていたら、左から手が。C首をいじってくる。俺も一応確認・・なかなか厚い胸板。とりあえず壁のコーナーで向かい合って確かめる。マッチョ。誘われるままにソファに座る。C首を舐めつつ、チNコをしごかれる。俺も彼のチNコを、、デカい。かなりデカい。柔らかいけど。親指と人差し指では回らないくらい太いし、カリもまあキノコのように張っていて。彼は俺をソファの上に乗せて、壁に寄りかからせ、アンダーウェアは膝までずらされる。それから彼はソファに座った状態でフェラをする。隣から前から手が。払いのけるけど、だったら個室にどうして移らないかね?俺は乱交とか嫌いだし、そもそもデブオヤジに触られるのは大嫌い。ひとまずシャワーを浴びる。もう1時を回っている。それでも結構な数の人。ソファとかロッカーにね。個室もちらほら空いている。手前の入口で立っていた。結構背の高い人も2,3人いる。若いのがね。立っていたら、手を出された。触ってみると、、凹凸何もなく。ガリガリだね。どうも食指がイマイチ動かない。

hi-man(7)

若いからって言っても、体が既にぷよったりしている人も少なくない。台湾だから。高雄まで来ると、精悍な顔立ちの人も目立つ。中国人というより東南アジア系の、色黒くて目も鋭くて。台北とは一味違う。それだけに、顔は引き締まっているのに体はブヨブヨだっていう残念系も目立つ。スリムで可愛らしい、ちょっとチャングンソクに似た感じの子が入ってきた。暗闇に行こうとしているけれど渋っている感じ。中で声は聞こえるけれど、何しているんだか全く見えないし。若い子だから興味本位なんだろうなって思ったら、俺の手に触れてきた。握り返す。近くで見ると、色白で超かわいい。暗くて俺が見えていないのかな?向かい合って、C首をお互い責め合って、個室へと手を引っ張られて誘導された。

hi-man(8)

その個室は小窓が開いていて、外からも光が入ってくる。薄暗いながらもよく見える。キスをする。かわいらしいくせにグイグイ来る。俺、壁に押し付けられて手を抑えられてキスされる。やられている感じ。ギャップが。。寝かされて、早くもC首を集中的に責められる。我慢できなくて声をあげると唇で塞がれる。足を広げられてFeラされて。足を開脚させられてるってことは、もしかしてタチか?無理矢理入れられそうになる前に聞いてみる。というか、ずっと中国語だし。日本人よ。英語が通じない。俺は指で「1」(中華圏ではタチのことを1という。)だというと、彼は「0」だと。そうなの?見ると、確かに足にキー付けてるね。アダムでガメたゴムとジェルを使う。俺の上に跨って、リズムよく腰を動かす。「気持ちいい?」って日本語で聞かれた。エロ用語は覚えられやすいね。体毛は薄くて、チNコも大きくない。周りを刈り上げた、最近中華圏で流行りの髪型。体勢を正常位にしてガンガン攻める。キスをしきりに求めるので、キスしながら掘り込む。
カテゴリ
検索フォーム
プロフィール

いち

Author:いち
俺はゲイです。いくつかブログを書いていますが、このブログではハッテン場に特化して書いていこうと思います。思ったこと、経験したこと、またハッテン場の分析や傾向と対策、経営戦略についていろいろ書いていきます。テーマがテーマなので、内容もそれなりにコアな感じになりますが、それでもよければ見てください。ハッテン場に興味を持っているゲイを対象にしていますので、それ以外の方はご遠慮ください。

ブロとも申請フォーム
リンク
QRコード
QR

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 10