FC2ブログ

男を求めて三千里~イケメンムキムキバッチ来い!!

発展場の様子や雰囲気、出来事を思いつくままに書いていきます。

 

スキャンダル(1)

東大邱(トンテグ,동대구)のバスターミナルの右手から韓国館(J's hotel)を左に見ながらmotel街沿いに歩いていくと、gay barの集まった一角にスキャンダル(스캔들)っていうハッテン場がある。前はカラオケ屋crossの上にあったんだけれど、場所をちょっと移して広くなった。1万ウォンで、薄いバスローブとバスタオルをもらう。
入ってすぐのところにソファが置いてある部屋があり、テレビを見たりインターネットをしたり、水を飲んだりタバコを吸ったりできる。
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

スキャンダル(2)

バスタオルを巻いてもいいし、アンダーウェア持ち込んだっていいけれど、大抵はバスローブを羽織るスタイル。ベッドのある個室や複数が雑魚寝するタイプの部屋、奥はマットが敷いてあって勝手に雑魚寝するタイプの部屋といろいろある。ベッドの方はマットのばねもしっかりしていて良く寝られるように掛布団もあるタイプだけれど、普通は黒い皮のマットに枕、薄いタオルケットしかない。これだと寝るには結構寒い感じ。
で、室内はかなり暗くて、顔がどうにか判別できる程度。もちろん、ライターや携帯電話の明かりでしっかり確認するのだけれど。客層は幅広いが、若い人も結構いる。体型もバラバラ。例にもれずここも深夜型。ゲイバーの集まるところでもあるので、深夜でも早朝でも人の出入りがある。

スキャンダル(3)

スキャンダルに最初行ったとき、人があんまりいなくて。上半身裸でロッカーあたりをウロウロしていたら、マスターから声をかけられた。オジサンで、日本語が少しできる。2年間大阪に留学していたそうで。初めてハッテン場の受付というか管理人室に入った。お弁当を一緒に食べようと言われて、ちょっと分けてもらった。ここは一人でやっているそうで、休みなく働いているんだそうな。ホームページ作ったり、いろいろ試行錯誤したりと、なぜか大邱まで来てハッテン場経営の苦労話を聞く。でも、確かに大変そう。今は店も移転して広くなってアルバイト雇って、ゲイバーも開いて、なかなか景気良さそう。

スキャンダル(4)

週末深夜に入った。混んでいるってほどではないけれど、韓国特有の寝待ちばっかり。立っていても何もないので、俺も寝て待つことにした。そしたら、小柄な韓国人が潜り込んできた。暗いけど、結構若い、まあ生意気そうというか気の強そうな感じ。俺の腕を手繰るとそれを枕にして、俺のチNコや胸を触る。まあ、されるがままにしていた。そのうち隣で3人くらいが盛り出した。そのちっこい彼も手を出したりしている。俺のチNコはなぜか握ったまま。キープみたいになってんじゃん。俺は興味なかったので寝てた。そのうちそいつらもどこかに行って、また彼は俺の腕を勝手に枕にして寝た。今度は、その友達らしき人がやって来た。彼は韓国語で何やら説明している。俺の胸を揉んだりチNコ掴んだりと、なんか獲ってきたものの説明か?と思いつつ。その友達もニコニコしながら俺を見て、知っている日本語を俺に言ってくる。ハッテン場とは思えない和やかさ。

スキャンダル(5)

で、また寝てると、今度は左側に髪が縮れている若くて細いのが俺の横に寝てきた。まあ、さっきから抱きつかれているけれど、添い寝するだけで何するってわけでもないので、別に二人いたっていいやと思っていたが、今度はちっこい方が新参者を手で突いて何かいろいろ言って追い払おうとする。そしたら縮れ髪の方が怒っちゃって、大声で小っちゃい方を罵りだすし。もう、仲良くしようよ。第一、ハッテン場で大きな声出すかね?と、さっきまでの勢いはどこに行ったのか、彼はずっと押し黙ったまま罵られっぱなしだった。まあ、あの、そもそも俺が選ぶんで・・。5分くらい罵りわめいて怒り疲れたのか、「ミアネヨ。」と言い残して、どこかに行ってしまった。ちっこい彼は俺の右腕で早くもスヤスヤと寝息を立てている。よくこの状況で寝られるよね。まあ、何ともしようもないので、俺も寝る。

スキャンダル(6)

数時間か経って、目を覚ますと、というかたぶん彼に起こされたんだと思うけれど、まあチNコ入れろと要求している。寝起きっすけど。韓国人のペースに全然ついていけない。なぜそんなに我が道を行くなんだよ。まあ、一通りやったら、また寝たし。そもそもなんだけど、このちっこいのは愛想がいいわけでもなんでもないんだよね。。他の場所に移って、また横になっていた。スリムで口ひげを軽く生やした人が俺を覗き込んでいた。軽く体を触ると、俺にちょっかいを出してきた。なかなかのイケメンだし、流れで彼のモノをしごきつつ、C首を舐めていた。・・え、もう?ってくらい、前兆もなくイッていた。俺も彼に折角だから、暗闇の中でイカせてもらった。
カテゴリ
検索フォーム
プロフィール

いち

Author:いち
俺はゲイです。いくつかブログを書いていますが、このブログではハッテン場に特化して書いていこうと思います。思ったこと、経験したこと、またハッテン場の分析や傾向と対策、経営戦略についていろいろ書いていきます。テーマがテーマなので、内容もそれなりにコアな感じになりますが、それでもよければ見てください。ハッテン場に興味を持っているゲイを対象にしていますので、それ以外の方はご遠慮ください。

ブロとも申請フォーム
リンク
QRコード
QR

123456789101112131415161718192021222324252627282930 06