FC2ブログ

男を求めて三千里~イケメンムキムキバッチ来い!!

発展場の様子や雰囲気、出来事を思いつくままに書いていきます。

 

39 Underground Sauna(7)

4階の通路は暗くてよく見えないんで3階に。奥まったダークスペースはまあ妖怪たちの巣窟だってことは分かっているが、個室も結構一杯。隣にいたちょっとサル顔のタイ人に手を出してみたが、嫌がってはいないけれどどうも無反応。諦めて奥の方に行った。奥は奥で赤い小さなライトがある。右側にちょっと胸がありそうなスリムがいるけれど、うーん、どうかな?全然動かないってことは脈ありなんだろうけど、徐々に近づいて行ってようやく触るって感じ。何か、やり取りが日本っぽい。
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

39 Underground Sauna(6)

もう19時を回ると結構暗くて、4階に行ってもあまり判別がつかない。むしろ3階の方が涼しいし。3回は通路にひしめき合うようにずらって並んでいる。ところによっては真向いで立っていたり。ガタイ系の人は3階のところでたむろっている感じ。スリム系の若いのが多いというが、どう見てもデブっていうのも2割はいるし、年齢層も結構幅広い感じ。普通体型が半数以上で、スリムって2割いるかな。ガタイ系は1割くらい。手を平気で出してくるのはデブとどこの国でも相場は決まっている。図々しくて厚かましいデブ。よく自分のカラダを棚に上げて手出せるなって感じ。

39 Underground Sauna(5)

19時ごろ入る。160バーツ払って、・・荷物を預けるの?もろもろ入っているんだけどな、って思ったが、まあ渡す。タオルと黒い布のようなものをもらった。
コンドームセットかなって思って、早速開いてみたら、布切れ。周りを見ると、皆黒いビキニ状のものを履いている。え、これ履くの!?スケスケで、チN毛もはみ出ているし、Kツはほぼ丸出しだし、モッコリになっちゃうし・・だったら履かない方がマシなんだけどと思ったが、皆履いているから恥ずかしくないやと気を取り直して、颯爽とまずは3,4階をサッと眺める。

W.U.(3)

かなり時間経ったんで、そろそろイク?
「ぶっかけて欲しい。」
・・そんなんばっかだな(^^;)。
いいの?
で、胸にぶっかけた。大量に(^^;)。
「すっごくいい臭い。興奮する。」
で、奴もしごきだしてフィニッシュ!
っていうか、俺のSei液ってそんな臭うかな・・。
1時間半もやったの、久々かな。

W.U.(2)

最初はお互いC首責め合いで・・かなりC首が感じるらしい。
集中して責めたらどんどん声も高く大きくなって、最後は泣き声みたいに(>_<)。
責めすぎて汗ダクダク。。
チNコに互いにオイル垂らしてしごきあい・・どっちも溜まってるから、すぐに待ったが。
床のマットはもうオイルでベチョベチョ。
気にせずひたすら舌でC首を転がしてた。

W.U.(1)

今日は仕事を休んで野暮用を済ませ、17時に入る。
・・いない。3人しかいない。
しかも、一人すっごいおじいちゃんみたいなのがいる!!
ここ、45歳までOKなんだっていうけれど、見た目・・6,70くらいなんだけど。
ここ、ハッテン場にしては妙に明るいから、結構後で・・俺、やっちゃったぁーみたいなことがない。
ないことはないかもしれないが、可能性が低い。
手を出すのがちょっと恥ずかしい明るさではあるが。
乙女心を考えろって(>_<)。

しばらくボーッとしている。
1時間半が経過する。
来なさすぎだろ。
帰ろうかなモードになってくると、ちょっと身体の引き締まったカッコカワイイ感じの奴が。
個室の方に立ってたら、そいつも来たんで誘ってみた。

BUMP(46)

彼のチNコを握ってみた。ヌルヌルしている。
「俺もイッちゃった。」
返しがなんかかわいい。
ティッシュで彼の体を拭く。
「んー。」
何?頬ずりしてきた。
えー、なんか超かわいい。
帰り、ソファに忘れてったフリスクを渡した。
「ありがとー。」
クラーっとした。
真似してみよっ。
気味悪がられるか(-_-)。

BUMP(45)

色黒男とソファの方に行って、さらにキスをし続けた。
ギュッと抱きしめられる。ギャラリーの視線を背に感じながら。
ここは暗黒の世界だけれど、スポットライトを浴びているかのよう。
「すっげえチNポ。しゃぶっていい?」
え、お前もチNコか!?バリネコじゃないの!?
いやらしい音を立てて、アイスキャンディでも舐めているかのようにしゃぶり続ける。
ハッテン場に流れるビートよりも速く、俺を吸い続ける。
昨日抜いておいて良かった、けど、なんか上手すぎ。
イカされそう。ダメだろ。あ、デオキシリボ核酸ってデオキシリボヌクレオチドのリン酸基と・・
あれ?OH基?あ、いいのか、2つが・・何結合だっけ?糖ヌクレオチド?
うわっ、チNコ萎えてきた!
やばってタイミングで攻守交代で、とてつもなくデカいチNコをほおばる。
奥まで入んねーよ、このデカさ。
このガタイでこのチNコ、もてるよなぁ。
俺じゃなくたって良かったんじゃ?デカチNコは感度悪いからね~。
本当、エロガタイ。腹筋のあたりも感じるみたい。
でも、俺にそんな責めさせずに、顔を両手で挟んで、顔を近づける。
「どこが感じる?」
…C首かな。
って、何して欲しい?
「ぶっかけて欲しい。」
へっ?て驚いたのも束の間、C首を舌で責められる。
「一緒にいこう。」
キスと同じで優しい舌使い。C首の先の方を刺激される。
ムキムキなのに、ゴツい体つきしてるのに、こんな優しいSeックスするんだ。
とてもじゃないけれど我慢できない。
飛ぶなと願いつつ、彼の胸のあたりに放出した。

BUMP(44)

俺もやろうとするけれど、なんか向こうの方が熱心。
C首責められると体の力が抜ける。
声を出さないようにと思っても、漏れてしまう。
甘咬みされてしごかれて…なかなかたまらない。
個室に…と思ってたらさっきの色黒男が側に。
右手でチNコを握ってみたらびっくりするほどデカい。
キスを交わした。
柔らかい髭が俺の皮膚をそっと突き刺す。
唇を通じて、ミントの香りが流れ込む。
そんな香りとは裏腹に、情熱的なキス。
口だけの繋がりだけれど、全然俺を離そうとしないし、離れたいと思わせない、いつまでも続くキス。
ずっとC首なめたりしてくれていたが、そんな様子を見てスリ筋男は離れていった。
ごめんよ、けれど力より優しさかな。
スリ筋よりも力のありそうなムキムキ男が魅せた、とろけるようなキス。
下半身の方はまだ未練がありそうな感じだけれど。
でも、去っていってしまったからね。

BUMP(43)

そしたら、ソファで座っていた大柄な色黒男も乳首を触ってくる。
胸板もすっごく厚くて堅いし、腹筋バキバキなのが手でなぞっても分かる。
今までずっといたのに、なぜ今頃!?
キスも二人からうけて好きにして~って感じに。
でも、向こうはお互いにやってないから3Pにはならなそうだし、嫌だし。
えー、どっちだろ。けど、スリ筋の方が体を密着させて守るようにして、キスをし続ける。
向こうはネコっぽいし、一途にFeラチオするの苦手だし。
粘り勝ちみたいで色黒男はダークスペースを後にした。

BUMP(42)

かれこれもう90分くらいいるし、収穫なしで帰るか…。
うつむき加減でダークスペースにいると、さっきのスリ筋男が。
俺のこと、見つめてるし。って俺が欲しそうな顔してたかも(^^;)。
待ってて良かったぁ(*^_^*)
手でなぞったが、どこもカチカチでガリじゃなさそう。
結構責めてくるし、キスも舌より唇で軽めに。
「すっげえデケェ。いやらしいチNポ。」
真面目そうに見えて、…そっちに来たか。
「しゃぶっていい?」
味も塩気もないと思うけど…。
「すげえ、いやらしい。」
俺、何もしてないのに…

BUMP(41)

短髪で角形の薄い顔した男、なかなかスリ筋だし、Kツやらないみたいだし、いいかな。
もっと胸板あるといいんだけれど、で彫り深いといいんだけれど、、年上かな。
落ち着いている感じがする。
うーん。俺の下半身の反応はまんざらではないみたい(-_-)。
チンコのいうとおりにって探してみたら、セNズリスペースでチチクリ合ってた(>_<)。
にしても、カラダを密着させて・・キスか。
うーん、不完全燃焼(>_<)。

BUMP(40)

それにしてもムカつくっ(--#)。
ってそんな表情したら近づいてこないよな。
さっきの色黒男、なんかケース持ってるなと思ったら、フリスクか。
バリネコもキス?でも、いやらしいキスすんだろうなぁ。
俺もロッカーにガムを取りに行く。
別に相手もいねーのにね(>_<)!
ああ、さっきのオヤジは相変わらずC首触ってくるけど、その度にすっごく叩いてる。
しつけーわ(--#)。
チョーカーつけたガッチビが様子を伺っているけれど・・
なんか背が小さいとイマイチやる気が起きないかなぁ。
若いスジ筋だったらかわいいなって思うけれど、それ以外は…。
で、そんな奴、ほとんどいないし(-_-)。

BUMP(39)

C首触ってくるオヤジがいるけど、手で払う(--#)。
気軽に触りやがって(--#)。
阿吽の呼吸ってのがあるだろうが。
ダークスペースではソッコーでC首なめてくる奴が。
暗くて全然分からんが、ガサツな手、古くさい腕時計…
さっきのオヤジ!!!
っもーっ、ありえない!!!
チNコは諸条件によって勃ってるけど(-_-)
小部屋で小休止してたらまーたオヤジ!!!
あー!!!って心の中でにしおかすみこ張りにシャウトする(--#)。
テメー、いい加減にしろって!!!って肘が出そうになったが抑えて、シャワーを。
40位に見えるけれど、なんか意味なく茶髪で真ん中分け。
カラダも典型的な中年体型。レイプされた気分でシャワーを浴びる。
泣かないけどね。俺も30過ぎてるし(>_<)

BUMP(38)

17時に入る。
今日は肌寒く、秋を意識させる。
ラーメン屋や立ち飲み屋が存在感を増して視界に割り込んでくる。
路面はうっすらと濡れ、ひんやりとした湿気となって肌に舞い降りてくる。
歩行者も精気を奪われたか、足取りも重いように見える。

店内には10人もいなかったし、まだ個室は埋まっていない。
ざっと見たが、顎髭を生やした背の高い色黒の腹筋のきれいに割れた男とウルフ系の髪できれいに刈りそろえた顎髭の色白で引き締まった筋肉をした男くらいか。
ウルフ系はタチだけど、ぜんっぜん顧みず。。どんな獲物を探してんだろ。
色黒な方はウケで、奥のダークスペースのソファに座ってじっとしてることが多い。
バリネコなんだな。で、誰でもいいからしゃぶってくれって奴か。
あとはとりたてて・・まだ目が慣れていないし、今日は薄赤いライトもないので全然見えない。
けど、なんか見てる奴がいるような、また目の前をうろちょろする奴がいるような。
他にもよさげなのがいるかなって通路でずっと立っていたけれど、ま、特に興味を惹くようなのはいない。

BUMP(37)

でも、4,5分立ってたら向こうから手を伸ばしてきた。
目の前の個室に入ってマジマジと見たが、細身なのに結構胸板あるし、腰もくびれているし。
胸板厚い奴ってC首感じるよね。
だから鍛えてるってのもあるんだろうけれど、余計にエロい。
メリハリのある胸板にむしゃぼりついたが、向こうは向こうで俺のC首を責めてくる。
うーん、お互い考えることは同じ?
でも、向こうの方がもっと積極的で、俺がやろうとしても腕をつかまれる。
俺、結構溜まってるから、そんなに我慢できないよ。
でも、こんなにエロい体している奴を責めると、それはそれでたまらなくなるし。
じっくりやりたいなと思っても、責められすぎだよ。
しゃぶっているところを上から見下ろすと、なんか短髪に刈り上げた頭と発達した肩がなんともいえず。。
ダメだ、こいつ、なんかタイプかも。
後ろから左腕を左手で掴まれ、右のC首をなめられつつ右手でチNコしごかれ・・
我慢しろってのが無理だよな・・
Iカされてしまった。。(-_-)
速攻で床拭いてるし、俺にもティッシュ渡してくれてチョー優しい。
俺も、って思ったけれど、「僕は大丈夫なんで」って笑顔で返されて・・
来て良かった(*^_^*)

BUMP(36)

ふと横を見ると、ナイスバディな感じでイキの良さそうな青年が。
左足にキーつけているし。
なかなかいいんじゃんと思ってちょっと見ると、向こうも意識しているような。
でも、ここ通路だからな。
パッと見で個室入ったときって失敗の方が多い。
いくらガタイ良くったって、相性があるから。
お互いの感性を知らないでやるってのはなかなかね。

Alexander(6)

痩せたメガネ君が若いしスリムでまだギリいけるかなって程度で、もう一人の香港っぽい髪型した若いのは体つきが普通体型だし、もう一人のスリム系も顔立ちはのっぺりしているけれど結構年いっているし。妥協せず、ここではやらなかった。というか、BIG TOPだけでよしておけば良かったんだよな。次回はBIG TOPにもっと早い時間から入ろう。で、早い時間にさっさと終える。21時からは既に新しいイケてる奴は来ないし、残り滓が当てもなく、定期的に巡回しているだけなんだしな。と、ホテルは要吟味。

Alexander(5)

通路のコーナーの部屋の向こう側の照明で何とか通路が明るいんだけれど、そこの個室にスイッチがあって、わざわざそれを消す奴がいるんだよね。そうすると、内側のダークスペースの方が個室の灯りのおかげでまだ明るかったりする。ここでは抱き合ったりしている奴もいるけれど、俺には抱き合う相手がいない。
アレクサンダーはいいのは風呂だけだ。ここだけがくつろげる。サウナには入らなかった。タイプでない奴に触られると思うと落ち着かないし。風呂の前のドアを開けると新しいタオルをくれるシステムらしいが、今日はもうないらしい。

Alexander(4)

23時過ぎに入った。結構な人の数。人の数は多いけれど、質は良くない。スジ筋とかいたなと思うと帰っているし。いい奴ほど回転が速い。ロクでもない、デブでオヤジはずっと居残り。デブがここは本当に多い。半分はデブ。デブ専かって思うくらいに多い。白人も当然デブ。若いのはほんの数人。もちろんタイプはあまりいない。
触ってくるのもいたけれど、ことごとくタイプではないので、もうずっと断りっぱなし。立って待っていても仕方がないくらい、どれもこれも駄目。デブ、デブ、ハゲ、デブと地獄絵図だ。誘われても全くと言って嬉しくないばかりか、ジロジロ見られるのがマジで気持ち悪い。デブの厚かましさが滲み出ている。
カテゴリ
検索フォーム
プロフィール

いち

Author:いち
俺はゲイです。いくつかブログを書いていますが、このブログではハッテン場に特化して書いていこうと思います。思ったこと、経験したこと、またハッテン場の分析や傾向と対策、経営戦略についていろいろ書いていきます。テーマがテーマなので、内容もそれなりにコアな感じになりますが、それでもよければ見てください。ハッテン場に興味を持っているゲイを対象にしていますので、それ以外の方はご遠慮ください。

ブロとも申請フォーム
リンク
QRコード
QR

123456789101112131415161718192021222324252627282930 09