FC2ブログ
男を求めて三千里~イケメンムキムキバッチ来い!!

男を求めて三千里~イケメンムキムキバッチ来い!!

発展場の様子や雰囲気、出来事を思いつくままに書いていきます。

 

take on(42)

「しゃぶらせて。」彼は俺のチNコを頬張る。結構気持ち良くて、声が意識せずに出てしまう。C首を責められていたからか、感度が良くなってて。「本当にタチ?C首も感じるみたいだし。」そういってC首を弄りながらしゃぶってくる。ダメだって、こんな筋肉した奴にやられたら、すぐにイッちゃうよ。それを知ってか、全然やめようともしない。マジで無理無理。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

 
 

take on(41)

C首をちょっと触っただけなのにのけ反ってよがる。相当感じやすいらしい。「俺でいいの?」なぜ?「さっき来てくれなかった。」C首ちょっと触ったとき拒絶気味だったし、そっちも別に来なかったっしょ。「隣の人といい関係になってたのを邪魔しちゃ悪いと思ったから。」隣??確かに左隣もずっといたけれど、全然眼中になかったからよく知らない。
胸毛を剃っているのか、ちょっとチクチクする。C首周りまで本当は毛が生えてるのかな?これくらい盛り上がった胸だったら、若干胸毛あった方がよりセクシーだと思うのに。C首を親指の腹で軽く下からなぞる。右腕で彼を抱えるように支えつつ、しつこくなぞる。キスはあんまりしたくなかったが、流れでする。彼を寝かせて丹念にC首を責め続ける。身悶えしてよがる彼。俺のC首も同時に責めているから、俺のモノもカチカチになっている。
 
 

take on(40)

今日は若くてかわいい、かっこいいっていうのはいないけれど、それなりに顔がイケてたりって人はいるにはいる。ただ、人が多いからさ。なんか不完全燃焼的な。
人が多いと流動性も高いというか、いるときはたくさんいるけれど、すぐに潮が引いたみたいに人気がなくなる。
俺は人がわっと集まったりするのが嫌なので、人気がなくなったタイミングで入って立つようにしている。そしたら、またさっきの筋肉質が隣に立った。やたら近い。俺だよね?手を触れたら握り返してきたので、さっさと前の個室に入った。
 
 

take on(39)

好んで立っている奥のスペースだって、3人が限度。4人だと近すぎ。といいつつ、右側に腹筋パキパキの胸板厚い奴が来た。年はなかなかいっている感じだし、背も低くて顔もそんなに男前ではないけれど、とにかくこの見下ろしたときの胸の張り具合がたまらない。隣にいるだけでのぼせる感じがする。
右手でC首を触ってみた。そしたら、すっごい驚かれた。え、違うの?その後もしばらく隣にいたけれど、何もなく。単に場所がないから来てるだけか。紛らわしい。
 
 

take on(38)

19時過ぎに入った。今日もわんさか、take on。10人以上はいるかな?狭いのに。ハッテン場はたくさんいたら選択肢が増えていいってものでもない。
香港の胡同(フートン)なんて、人の波でとてもヤルとかいう状況ではなかったし、少なくとも落ち着かない。やるやらないのやり取りって、最初は距離感があるけれども徐々に縮まっていく過程にある。その駆け引きがキャパシティを超えると失われる。
 
 

take on(37)

彼の上半身を起こして、右腕で彼を抱きかかえる。左手で彼のチNコを扱きつつ、キスをまた交わす。キスをせずにはいられない、小悪魔的なかわいらしさ。見つめ合いながらしごいていると「イク、イッていい?」というのと同時に、彼は果てた。彼の精液をティッシュで拭きとり、しばらく彼とイチャイチャしていた。というか、彼は全然動こうとしないし。イチャイチャ好き?でも、今日は混んでいて他の人に悪いから、出ることにした。人多いから、他の人も試したいってのもあったし。
シャワー浴びて・・さっきの彼もいる!かわいいくせに肉食系。まだやるの?こっちはこっちで、これって人がいなかった。なんだよ、だったらなんか、もっとイチャイチャしとけばよかった。。。
 
 

take on(36)

近くで見ると、本当にかわいらしい顔をしている。そりゃ、奪い合いになるよな。キスを軽く交わして、彼を寝せる。Kツなしみたい。「本当は入れたい?」そんなことないよ。別に入れてもいいってくらいな感じだから。何されたい?「いろいろされたい。」彼は俺のC首を弄りながら答える。彼のチNコをしゃぶった。C首よりは感じるみたい。「デカい。しゃぶっていい?」彼が俺のチNコをしゃぶる。結構気持ちいい。ジェルを俺のチNコにつけて、おもむろに扱く。いいよ、俺は。「なんで?いくつ?」だから言えない年だって。いつも同じセリフ。年聞くなよ。彼は26だって。26なのにこんなにあどけない顔。
 
 

take on(35)

左を見ると、何となくだけれど近づいているような気もした。俺もちょっとにじり寄った。かれこれ10分くらいして、ようやく手が触れ合うくらいの位置に。でも、ふと周りを見ると、右側にジッと見つめている人いるし、その彼の左側の人も結構接近している。左側の人は彼のC首を弄りだした。中肉中背タイプ。俺の右側にいた人も身を乗り出してきている。かわいいって結構もてるんだな。俺は彼の手を握ってみた。握り返してきた。左の人はC首をずっと責めていたけれど無反応。除けもしない。けど、ただ手を握っているだけの俺と目の前の個室に入った。
 
 

take on(34)

19時半過ぎに入る。take onは金曜日はミニタオルデー。今日は人が若干多い感じがする。10人以上はいるか。帰る人もいるし。ちょっと遅かったかも。入ると奥の個室が埋まっている。レベル的にはいつもと変わらずというか、そんなヤリたいって人がいるわけではない。
30分くらいして、奥の方で立っていた。奥も2人ならいいけど、3人だとちょっと窮屈。隣との間隔が狭くなる。ヤル気がないなら並んで立っていても無駄なだけだから、タイプじゃなければ真ん中に人が入った段階で立ち去る。けど、真ん中にやけにかわいらしいのが入ってきた。愛嬌のある顔立ちでスリム。チラチラ見ているような気もしないでもないが、若すぎるよなとも思って。
 
 

BUMP(60)

腕は結構筋肉質で、顔も近くで見るとカッコカワイイ。キスも向こうから求めてくる。座ってお互いが向き合った姿勢で5,6回「イキそう」の声を合図に寸止めを繰り返した。喘ぎ声も割と低めで、カワイイ顔しているくせに男っぽい。C首を軽く攻めつつ、しごきだした。「先、イッでいいっすか?」片方は左手で、もう片方は舌でC首を転がして、先走りでビショビショになったチNコをしごく。チNコの大きさは13cmくらいで、体毛は薄いけれど、キNタマの方が割と毛深い。「イキそう、もうイク。」肩を抱き寄せて、そして彼は俺の方を両腕でぐっと抱きしめて、果てた。そして、俺も両方のC首を念入りに責められて、チNコは休みなくしごかれ、まもなくして同じようにイッた。「ありがとうございました。」繰り返しロン毛君は言った。結局1時間近く攻め合いをしたかな。軽くキスをして、また「ありがとう」と言い、シャワールームに向かった。
 
 

BUMP(59)

奥の個室はさっき毛深いチビの色黒筋肉質が使っていたんだけど、10分そこそこで出て行った。ローション使ったようで、ベトベトしていたので念入りに拭いて。「結構ベトベトしていますね。」というロン毛君の手のひらも、なかなか汗でベトベトしている。そもそもキーをつけてない。C首を弄って、アンダーウェアに手を伸ばすと、相当濡れている。脱がして、上方のパンツ入れと書いてあるボックスにキーと一緒に入れて、チNコを軽くしごく。「タチウケどっち?」「ウケ寄りだと思います。」「入れた方がいい?」「あんまり経験がないけど、入れられたことはあります。」はにかみながら、そう答えた。「経験ないなら、止めといた方がいいよ。」俺のは割とでかいので、入らないこともよくあるし。「何して欲しい?」「普通でいいです。」普通って何だろと思いつつ。ロン毛君は、時折毛を手で掻き分けて、俺の乳首を舐めたりFeラチオをする。体勢を入れ替えて、キスをしあう。舌を絡めあわせながら彼のチNコを扱く。普通サイズでカリが割と大きい。先走りがかなり多くてローション要らないくらい。2分程度しごくと彼が「イキそう。」と俺の手を掴んで止める。「溜まってる?」「結構。」
 
 

BUMP(58)

19時半に入った。金曜日の新橋は、仕事終わりのサラリーマンで溢れている。ドアを開けるとくぐもった声で「1,500円です。」。支払いを済ませ、ロッカーキーとタオルをもらう。シャワーをさっさと浴びて、中に。人は10人いるかいないか。でも、デキ率はいいらしく、結構個室も埋まってアンアン聞こえる。ここはロッカーキーでタチ、ウケ、ケツなし、リバを分けている。分かりやすいんだけれど、分かりやすいだけにタイプが同じタチだったりするとちょっと悲しい。というか、なんかタチばっかり。遅かったかな・・?ガリガリが一人いるけれど、その他は割とイケる感じ。その中で、ロン毛のスリム君がなんとなく見ているような気がする。奥の通路で立っていて、間隔は離れていて、しばらくするとどこか行って、また戻ってきて。通路の隅にのれんが下がっていて、そこのあたりに来たので、折角だから触れてみた。ロン毛っていうスタイルがどうも草食系って感じがしてそそらないんだけど、なぜかBUMPにときどきいる。顔とかなかなかかっこいいのにどうしてロンゲにするかなと思いつつ、奥の個室に入る。
 
 

BUMP(57)

年齢層は比較的若くて20代から30代中心。デブ半分だけど、デブもガチムチとかガッチリ系。(俺にはデブに見えるけど。)まあ、中年サラリーマンの牙城、新橋にしては、なかなか客層がいい。ガチムチってゲイ用語(だろう)ので、普通に言えば固太りかな?柔道体型というか相撲体型というか、見た目太っているけれど、中は筋肉というか。筋肉の周りに脂肪が付いたというか、昔鍛えていてその周りに脂肪がついたという説明らしい。脂肪が付いている時点でデブなので、俺にはどうだっていい話だが。ぽっちゃりとかガチポ、ムチポといわれるデブ、腹の出た中年体型、キューピー体型(デブにもいろいろあるけど、この辺の違いはよく分からない。)は見当たらない。断られるのかな?昔は見た目40代以上はダメとか書いてあったような気もしたけれど。ジム割だと300円引き。まあ、会員証見せるだけだけど。
 
 

BUMP(56)

BUMPも他のハッテン場に漏れず安普請。通路や個室はパーテーションで分けてあって、通路は6の字になっている。上は空いているし、ドアの隙間からも若干見ようと思えば見えるらしい。通路のほとんどは暗いけれども顔が判別できるくらい。ハッテン場にしては明るい方だと思う。奥の方が入り組んで若干暗いところがあるけれど。各個室にはティッシュ、ゴミ箱、たっぷり入ったローション、パンツ入れとかかれたケースが架けてある。ゴミ箱にはティッシュがあふれんばかり。だからか、若干異臭がする。壁になぜか肌色の絨毯っぽい生地が。よっかかった時に壁の冷たさを感じさせないための配慮かもしれないけど、菌的なものが心配・・
 
 

BUMP(55)

受付で金を払って、靴はその下にある使いまわしの袋に入れる。ロッカーに靴や荷物、服を入れ、すぐ側にあるシャワー室でシャワーを浴びる。引いて開けるタイプの本当に狭いシャワーで、更衣室もないのでそこの中でアンダーウェアを脱いだり濡れた体を拭いたりしなければならない。一つしかないし、大抵は待っている人がいるので、そこそこに拭いたら外に出て、改めて体を拭く。シャワーの右手に自動販売機があって、その横に本当に小さな喫煙スペース。左手ののれんをくぐると、右側に皮のベンチがあって、その右側では欧米のアダルトビデオっぽいのが流れている。そこまでが普通の蛍光灯で照らされた場所で、その右側ののれんをくぐればハッテンスペース。
 
 

BUMP(54)

久しぶりにバンプに来た。けど、下着着用とかはまだいいけれど、通路でハグも厳禁??どうやってコンタクトを取れというんだろ。まあ、焼き肉屋の生レバーと同じで、書いてはあるけれど自己責任ってことかな?ずっと通路でイチャイチャやって見せびらかすのがなくなるのはいいことかも。ブス同士でキモいケースも多々あるし。そういう奴に限って見せびらかしたくなるものなんだろう。周囲の目がみんなブスブス批難しているのにも気づかず。批難半分、嘲笑半分。
 
 

新宿24会館(4)

筋肉質が一番好み。胸が大きく固く、腹筋が割れていて。そんな人はめったにいないので、まあ胸が厚いか腹が締まっていれば十分。年は同年代までかな。40を超えたんでね。けど、禿げちゃった人、息臭い人、毛深い人は本当にごめんなさい。そんな感じ。
ゲイは男のケツを見れば犯す、みたいなのは間違いで、いくらなんでもタイプってあんのよ。よく、サウナやこっち系寄りの銭湯(普通の銭湯なんだけれど、ゲイが口コミで多く集まったために、図らずもハッテン場と化した銭湯)で、ゲイに襲われるんじゃないかって心配しているバカがいるが、まずは自分の顔やカラダをじっくり鏡で見てみなさいよ。たいてい、見向きもされないのに、「犯されちゃう」「やだ、あの人見てる。」とか、自意識過剰に要らぬ心配をしているだけ。あのね、24会館みたいなところだって裸で寝ててもいきなり犯されたりしないんだから、ノンケの皆さん、心配ご無用。ま、寝てたらケツ触られたりは普通にされるけどさ。
 
 

新宿24会館(3)

先に俺の好み、タイプを言っておくと(知りたくないだろうけれど、俺のブログだし)、・・そもそも俺目線で話すので、ゲイであってもタイプではない人に対してはとても不愉快に感じるかも。たいていの人は嫌に感じるかもしれない。何様?と思うかもしれない。仕方ないじゃない、こればっかりは。皆さんだってあるでしょ?タイプ。好き嫌いがあるでしょ。同じこと。
 
 

新宿24会館(2)

新宿2丁目にひっそりと・・というわけではなく、ハッテン場の代名詞として、東京の大ターミナル駅である新宿駅から歩いて程近くの新宿2丁目にドデンと構える建物、24会館。他にも上野と浅草にもありますよ。あるけどさ、けど、そっちはデブ専・フケ専。まあ、おデブとご老人御用達ということ。新宿はというと、まあオールラウンド。外人も、中国人韓国人を筆頭に、黒人白人インド人、若い人から年寄りまで幅広く。スリムからおデブまでなんでもござれってやつで。
 
 

新宿24会館(1)

ゲイの聖地と言われている、新宿2丁目、そこの代表的なハッテン場、新宿24会館を知ってる?というか、そもそもハッテン場(発展場)なるものを知ってる?別にゲイ向けに書くつもりもないし、ゲイが嫌いな人に迎合するつもりもない。ゲイというものを知ってほしいから書くだけで、それで興味を持つか、ますます嫌いになるか、その辺はお任せ。
 
 

take on(33)

彼は俺の背後に回って、後ろから俺のC首を弄り、チNコをしごく。こういうの弱い。「デカい。」後ろから覗きこまれて言われると、恥ずかしい。「恥ずかしくないよ。色黒いね。かなり使い込んでいるんじゃない?」年下に辱められる俺。黒くないよ。「いや、黒いよ。」似たようなもんだと思うけど。「素股していい?」俺がうつ伏せになって、Kツから腿にかけてジェルを塗る。で、太ももの間に・・どっちかというとこすりつけているって感じ。「ああ、イッちゃいそうだよ。」なんか変な感じ。
彼が仰向けになったので、C首を舌で転がしていると、彼は俺の左手をベタベタしたチNコの方へと誘導した。俺がしごくと、程なく彼はイッた。21時半か。またもジェルでベトベトに汚されてしまった。
 
 

take on(32)

彼はちゃんとC首を責めてくる。デカいけれど薄い体。逆三角形の体が、かつての名残を示す。「いくつ?」言えない年だよ。「俺、年上好きだから。」俺の胸を掴むように揉んで、C首を責める。そして、俺のチNコへ手を伸ばす。「デカいね。これ、入る人いる?」まあ、入らない人もいるよ。彼のチNコは軽く右に曲がってそそり立っている。彼のチNコもしごくけれど、手でどけられる。「溜まってるから、すぐイッちゃうよ。」彼と軽くキスをする。顎鬚がチクチクする。スリムだけど胸毛、腹毛となかなかセクシーな感じ。
 
 

take on(31)

ジェルでベトベトしたんで、よくシャワーで洗い流して、再びコーナーに立つ。ちょっとイカツイ顔したのが、毎回毎回俺のチNコ握ってくる。触るんじゃなくて握る。やらないって言ってるのに。さっきのヤンキー系もチNコいじってくるし。でも、その彼に握られると反応する。。見透かされているみたいで異様に恥ずかしい。
で、またイカツイ顔のに握られて、さっきヤンキー系に握られて大きくなっていたから、ちょっと長めに握られるし。背の高いスリ筋も俺を触ってくる。リバっぽし。リバはあんまりね。けど、しきりに触ってくるし。やってみるかなって思って、個室に入った。
 
 

take on(30)

入ると早くも仰向けになっている。直近のBUMPでの嫌な記憶がよぎる。また、バリウケじゃん?ガタイもスリムだし。「ジェル付けて。」もう?っていうか、まだゴム付けてないチNコに塗ってるし。ゴム取れやすくなっちゃうだろ。ま、前と同じで勃ちそうもなかったから個室を出た。バリウケだったら寝待ちすればいいのに。手は出すけど個室では何もしないってどういうことよ。
 
 

take on(29)

19時半に入る。白人が1人いる。全部で6,7人くらいか。ちょっと少なめ。これといってやりたい人もいなかったから、一通り見てバディを読み耽る。
ちょっと明るめのところに立っていたんだけれど、髪ウルフ系で茶髪でちょっとヤンキーっぽい感じの顎の細い、まだ20代前半じゃないかってのが、俺のチNコを握ってきた。俺?傍から見たら絡まれているみたいだけど。というか雑にチNコいじられる。チNコも反応してきたので、個室に誘われた。色白で、眉も細いし、いかにも今風な。
 
 

take on(28)

キスしながら、ジェルをつけて・・痛いらしい。いったん抜く。「たっぷりつけて。」つけたんだけどね。万遍なくゴムにつけて、入れる。「ああ、いい、いいよ。」ゆっくりとやる。ときどきC首舐めながら。「ああ、トコロテンしそう、見て見て!」・・始めて1分くらいしか経ってないんだけど、もう!?暗くて見えないし。
5分くらいやったけど、元々気乗りしないし、そもそも相手イッてるし。「抜いて平気?」抜いて個室を後にした。ショートだったから、もう1回戦やろうかな・・って思ってシャワーをさーっと浴びたけれど、やっぱりイケてる奴は既にいなくなっていた。。
 
 

take on(27)

胸を触ってみたら、俺の嫌いなパイ毛ボーボー。それにリバだし。昨日抜いたし、勃つかなって思ったら、ちょっとC首触れられただけで勃った。ま、そもそもヤリたいからハッテン場来てるんだし。「デカい。しゃぶっていい?」お互いのチNコを比べあう。別にそんな変わらないんじゃない?「大きいよ。」立った状態でチNコを重ねてよくよく比べてみた。太さは同じでも、長さは俺の方が長いかなぐらいで・・あんまり興味ないし。
「しゃぶり合いしよう。」お互い、69になってしゃぶり合う。タマ舐めが気持ちいいらしい。タマが小さくて毛深い。腹が締まっていないのがFeラしているとどうしても気になる。「Kツはできる?」タチだって。右手を挙げて見せる。「じゃ、そっと入れて。」
 
 

take on(26)

腹筋割れた人も一人いるんだけど、背が小さいしちょっと年もいっているしなって躊躇していたら、ガッチリしたのが俺に手を出してきた。胸はあるけど腹締まっていないし、顔も別にイケているわけではないんだけれど、まあ時間も時間だし、いいかなって程度で、とりあえずやってみることにした。
個室に入ろうとしたら、やけにイケてるのがいて、後ろ髪惹かれる思いで入る。
 
 

take on(25)

19時半に入る。今日はそんなにはいない。入って、さっと見て、ガッチリ系ばっかりだったから、バディでも見て様子を見る。
20時になると結構人が増えてきた。前にやった人もいたけれど、まあありがちだけれど、忘れられているんかな。。。こっちはブログつけていることもあって、結構こと細かく覚えているんだけれど。やれたらいいなくらいに思っていたら、いつの間にかいなくなっていた。。早く手を付けておくべきだった。。。
 
 

take on(24)

彼が今度は四つん這いでKツを突き出した形になって、バックで入れる。彼の胸を揉むけれど、ガッチリ系の鍛えているわけではない柔らかい胸だとテンション下がる。イケメンの顔も見えないし。膝を立てた状態でバコバコするから、姿勢は楽だけど。次第に彼はうつぶせになって、俺はその上から被さる状態でバコバコ。もう、汗が尋常ではなく出て、ティッシュで額の汗を拭いつつ。彼をあおむけにすると、彼は俺のC首を弄る。膨張する俺のチNコ。また突き始めると「噴いちゃう、噴いちゃう。」噴く?と思って、チNコ触ってみたが別にイッたわけでもなさそう。また突くと、「ああ、噴いちゃった。」イッたってことかな?俺はイッてないけど、とにかくすごい汗でそれどころではないんで、ゆっくりチNコを引き抜いた。「イカなくて平気?気持ち良かった。ありがとう。」
もう汗でベタベタだからシャワーを。そしたら、彼が赤いタオルを差し出した。優しいね、やっぱイケメンは。
 
 

take on(23)

突くだけで汗だくになるので、俺があおむけになって、彼に腰を振ってもらう。彼のチNコを扱こうと思ったが、リングしている割には勃ちが悪いし、ちょっと小さめだから掴みにくいし。スポットがよく分からないけれど、のけぞり気味に腰を振るから、Kツの骨が当たってちょっと痛い。今度は彼が後ろ向きになってKツを振る。C首を弄られないからチNコは勃ってないけど、そんなフニャチN状態でも感じるらしい。
 
 

take on(22)

入ると、お互い向かい合って、俺は彼のC首をいじり、彼は俺のチNコをしごく。体格はガッチリ系で、キNタマにリングがしてあった。チNコは普通よりちょっと小さい。彼は俺のチNコをしゃぶり始めた。奥まで咥えるけれど、明らかに咳き込んだりウェってなったり。そんな無理しなくていいけど。大丈夫?「大丈夫。しゃぶってみたくって。」きっと、入れて欲しいからなんだろうけど。彼をあおむけに寝かせて、コンドームをつけ、ジェルを塗って挿入した。「固い、奥まで当たる。」当たってるって?でも、C首弄られないし、顔がイケメンだからって、ガッチリ系って興奮しないんで、勃ちが悪いから、・・当たっているってこともないと思うんだけど。
 
 

take on(21)

20時くらいになると、人も多くなってきた。いつもの定位置だけでは収まらないくらい。狙っていた筋肉質は、短髪でケツなしで、どうも俺のことはタイプでないっぽい。すれ違いざまに背中を向けているし。この時間になると、続々と個室が埋まる。さっき俺に手を出してきた人も、タチを捕まえてやって・・15分も経たないうちに出てきたし。皆、短いんだね。人もそんなに多くなくなって、右を見たら、冬なのに小麦色の肌をした、若そうなウケが近くにいた。俺?と思ったけれど、俺みたい。絶対話が合わなそうだけど、体は別なんかな。
 
 

take on(20)

19時過ぎに入る。今日も既に10人くらいいるか。休憩室にも3人くらいいる。若い今風な人もいる。飴をなめつつ、中を見る。筋肉質っていうのは一人くらい。あとは中肉中背というか、普通体型。できるだけ目を合わせていないつもりだけど、触ってきたりする。本当はそっぽ向きたいところだけど、近づいて来られても困るから。自意識過剰か。そういうやり取りも最初だけ。
 
 

take on(19)

水曜日だけれど割かし人はいる。10人以上いるような。20代も何人かいるけれど、皆が今風な感じで一様にスリム。そのうちの一人はケツ半分見せているし。ケツ割れ履いているオヤジもいた。
飴をなめつつ、中に入る。個室は全然使われていない。肌寒いので、小さなガスヒーターのところで暖を取りながら立って待つ。様子見に来る人も・・シルエットが全然そそらず。
腹筋割れた筋肉質が入ってきたけれど、あっという間に取られたし。明るいところでスタンバッてたチビオヤジだよな、きっと。そうこうしているうちに個室は二つ埋まって・・、ヤリたくてもヤリたい人がいない状態に。1時間ほどいて、さっさと帰った。
 
 

take on(18)

20時前に入る。ちょっと遅い時間になってしまった。ここ、そもそも職場から遠いし。フロントで金払って・・ミニタオルがない。いつもミニタオルってわけじゃないんか。アンダーウェアの日?ユニクロのヒートテックというダサダサのスタイルで入ることを余儀なくされる。明日は雪の予報が出ているほど外は寒い。ここのシャワー、いつもなぜかしばらく経つとメッチャ冷たい水に変わるときがある。
 
 

BUMP(53)

散々書いておいて今更ながら、BUMP(バンプ)の行き方。俺は目をつぶっても行けるけど。
JR新橋駅の烏森口改札を出て、右に曲がります。右手に有名なニュー新橋ビルが見えて、正面が宝くじ売り場。正面左手に信号機がある。トップス(TOPS)とウノ(uno)という、どっちもパチンコ屋の間の道を入ると、飲み屋街に入る。二つ目の交差点に差し掛かると、正面右手に、やはり飲み屋で炉端焼きの店がある。駅から歩いて5分くらいかな?その店には入らないで、その左脇に看板が出ている。階段を上がると2階が雀荘、3階がキャバクラ、で、その4階がBUMP(バンプ)。
 
 

彩虹會館(26)

たまにコーラを飲んで。ダークスペースにただずんでいたら、ソフトタッチでC首を触ってくるスリムが。さっきの奴か。されるがままに責められて、また個室に。寝かされて、またさっきと同じように責められ泣かされる。手を俺の口に入れ、俺の唾で俺のC首を弄ってくる。また、間断なく声を出してヨガる。でも、2時を回って睡魔が襲って来た。少し寝たのかもしれない。彼がそっとカラダを起こして個室を出て行くのが見えたので、背伸びをしたら、またC首責めが始まった。俺は自分のチNコを扱き、イッた。すぐに彼も自分で扱いて、俺の腹にぶち撒けた。ティッシュないんで、拭わずに個室を出て、シャワーを浴びた。もう3時過ぎか。責められすぎて疲れた。。
 
 

彩虹會館(25)

横になるけれど、やっぱり彼は俺のC首を弄り出す。全然休まないまま、また俺への乳首攻撃がじっくりとエンドレスで続く。俺のチNコはずっとギンギンのまま。おかしくなりそうなほど責められる。けど、俺も折角の台北だからと途中でシャワーを浴びるからということで個室を出た。もう24時を回っていた。2時間くらいC首を責められていたのか。ダークスペースに戻ると、こんな時間なのにまだまだ人がいる。さすが土曜日。いいカラダをしたのも複数いるし。隣の奴が腕を触れてきた。うーん、C首に毛があるし、何か腹がちょっと緩いからな。向かいのがカラダが大きくて胸板すごいよなと見ていたら、暗闇の方に入って行った。俺もつられて暗がりに入ってみると、あっちが俺の背後から触ってきた。見た目通り胸がなかなか厚いわ。C首とか乳繰り合っていたが、まあ周りからも触ってくる。あまり進展がなく、・・両側からやたら触れて来るが、どっちもタイプじゃないし。巡回してダークスペースに入ってっていう感じをずっと繰り返している。
 
 

彩虹會館(24)

最初はC首を責め合うけれど、やっぱり彼がC首を入念に責めだし、俺がヨガル感じに。フェRaチオしているときも、C首はずっといじったまま。俺を寝かせて、延々とC首を責めて来る。舌で舐めて転がして、唾で濡らした指先で触れて弄って、俺も自然と声が出る。段々と大きく、高い声になっていく。全然C首責めを止めようとしない。キスをした。何やらガムの味。舌でカラダ中を舐め回す。C首を責められてカラダが敏感になっているんで、ちょっと舐められただけで痺れるような感覚になる。カラダをひっくり返されて、背中からケツにかけて舐められる。どこを舐められても感じる状態に。彼が跨ってきたので、彼の小振りのチNコをしゃぶる。彼はもちろん俺の乳首を舐める。チNコを咥えながらもだえる。そして、足を両足で抑えられて、またC首を責められる。で、いよいよ俺のチNコを扱きだした。絶対イッてしまうが、まだイキたくなかったので、手で何とか止める。彼は俺の手を上方に上げて抑え、C首を舐めながらチNコを扱く。いやいや、超弱いパターンだけど、何とか阻止する。俺が彼の上に被さる形になったが、やはりずっとC首を弄られたまま。俺は彼のC首を弄りながらも、彼を腕で抱きしめて声を上げて悶える。彼が自分のチNコを扱きだした。俺が悶える姿を見ながら、彼はイッた。
 
 

彩虹會館(23)

大きなダークスペースで今日も立っている。22時になっても結構な人がいる。奥に行くほど暗くなるけれど、そっちにも人が数人いるし。暗い方に行くと、大体揉みくちゃにされるからな。隣にスリム系が立っている。どうもにじり寄っている気がする。床がタイルになっているので、一応距離が縮まっているかどうかはそこで判断。顔も濃いけどまあいいかなって思って、俺もにじり寄って、腕が触れる位置に。暗いところに連れていかれて、C首を責められる。向こうは胸がそんなないんだよね。ただ、結構なソフトタッチで責めて来る。案の定、手を出してくる奴が数人。ダークスペースの中にある小さいスペースに行く。そこはドアとかなくて、マットが敷いてあり、既に結構大柄な男同士が盛っている。俺は壁に寄り掛かった状態で、ひたすら彼のC首攻めに耐えている。個室に誘われたので、ついて行った。
 
 

彩虹會館(22)

タオルとゴムを持って、まず2階でコーラを飲む。3階に。今日はもちろん普通体型が多いけれど、筋肉質やガタイ系も10人以上いるな。個室はまだまだ空いているけれど、個室の前で立っている人がいるということは、そろそろ埋まっていくところだろう。レインボーって24会館や北欧館と違って、大体個室なんだよね。広々使えるしいいんだけれど、収容能力で言うとそんなにない。まあ、暗い大部屋もいくつかあるけどね。
 
 

彩虹會館(21)

21時半に入る。ゲイパレードがあったということもあって、結構人がいるかなと思ったけれど、まあ多少は多いかなって言う程度。今日はゴムは1つだったが、ジェルをなぜか2つもらった。まあ、台湾のジェルは頭につけるのかよと思うくらい、まあ滑らかというより膏薬みたいな感じ。サラダ油でも塗った方がまだ良さそうな。
 
 

XL CLUB(3)

ロッカーの手前を左に入るとダークスペース。人いないわ。20時でしょ?それに、ジムがあるからと言って筋肉質ばっかりではないしね。普通体型多し。デブも混じる。筋肉質目当ての人たちが多いという印象。通路が薄暗くて両脇に個室、奥が大部屋で真っ暗、右側に個室。真っ暗なところはデブが陣取っているから迂闊に立ち入ることができない。シャワーの向こうにサウナもあるけれど、俺、どうもサウナで触り合ったりって好きじゃないんだよね。それにしても、・・人がいない。安いからいいんだけどさ。台湾に来て、カラダがなまったら来ればいいって感じかな。21時半までいたけれど、退散。
 
<-   04 2017  ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
検索フォーム
プロフィール

いち

Author:いち
俺はゲイです。いくつかブログを書いていますが、このブログではハッテン場に特化して書いていこうと思います。思ったこと、経験したこと、またハッテン場の分析や傾向と対策、経営戦略についていろいろ書いていきます。テーマがテーマなので、内容もそれなりにコアな感じになりますが、それでもよければ見てください。ハッテン場に興味を持っているゲイを対象にしていますので、それ以外の方はご遠慮ください。

ブロとも申請フォーム
リンク
QRコード
QR

Archive RSS